看護師<診療所>求人ランキング

TOP >> 診療所の看護師のFAQ >> 診療所の看護師の役割・仕事内容は?

診療所の看護師の役割・仕事内容は?

大きな病院で働いている看護師の仕事としては一人の看護士に対して数多くの患者に対応する事があります。その為、大きな病院で勤務している看護師は1日の定められた時間の勤務内に仕事が終わらなければ結果的に「残業」をする必要があります。そして規模の大きい病因は入院施設もしっかりと整っている為に、看護師は夜中にも患者の対応を行なう事が必要になりますので「夜勤」が必要になります。
それに比べて診療所は入院施設がない、もしくは19床以下の施設になりますので患者の対応は看護師がする必要は無いという事になります。

診療所の看護師の主な仕事内容としてはまず当たり前ですが患者の対応になります。しかし診療所は一人一人の外来患者に対甥していく事になりますのでそこまで忙しいという事にはなりません。基本的には医師の「補助」的な業務が多い事になります。
そして診療所によっては1日に働く看護師は1人の事も少なくありません。これがどういった事を指しているのかというと、病院内の雑務も看護師が行なう事が必要になります。その為、会計したり受付したりといった事も当然行ないますし、診療所の中の清掃も看護師が行なう事になります。そういった雑務を除くと大きくは医師がスムーズで快適に診療出来る様にサポートしていく事が必要になります。

一人の看護士で1日サポートしていく際には大体の1日の流れもしっかりと把握する事が必要になります。そうすると一般的な大きな病院と比較するとどういても忙しそうなイメージがありますが、それでも1日の労働時間や一度の患者の対応数を考慮すると診療所の看護師の方が比較的楽なのではないでしょうか。ただ役割に関しては診療所の看護師の方が多く割り当てられる事になりますので、始めて間もない頃には大変に感じるかもしれません。

医療の知識に関しては病院と同様に診療所でも必要になる事は変わりません。なので、看護師としてのスキルを高めるのも診療所でも十分に出来る事でしょう。給料は一般的な看護師に比較すると夜勤や残業が無い分に減ってしまう事は否めませんが、それでも数多くの看護師の方が診療所へ転職を考えている事もあります。診療所の看護師に転職をする際にはまず転職サイトの「ナースフル」を利用する事がおすすめになります。ナースフルではユーザーの求める条件やより良い待遇の職場先を見つけてくれ、転職へのサポートを行なってくれます。その他にもさまざまなメリットがありますので是非転職をする際には「ナースフル」を利用してみてはいかがでしょう。

>>看護師診療所の求人サイト人気ランキングを見る<<

TOP

診療所の看護師のFAQ

条件別の診療所看護師求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 看護師<診療所>求人ランキング All Rights Reserved.