看護師<診療所>求人ランキング

TOP >> 診療所の看護師のFAQ >> 診療所の看護師のメリットとデメリットは?

診療所の看護師のメリットとデメリットは?

診療所勤務であることのメリットはやはり、規則正しい勤務ではないしょうか?大病院の病棟勤務や救急などの看護師は日勤、準夜勤、深夜勤の3交代勤務で年収は高いですが、生活がどうしても不規則になります。家庭があったり、子供がまだ小さいなどの環境にある人は周りに理解のある協力者がいないと自分自身の身体も大変になりますので仕事と家庭の両立が相当難しくなります。

その点、診療所では日勤のみが基本ですし、定休日があらかじめ決まっているのでプライベートの時間はゆとりがあります。パートのような勤務形態で働くと、午前だけ週に数日というようなペースで働くことも可能になります。

しかし、診療所は基本的に、午前の診療と午後の診療があり、その間に2時間から3時間の休憩がある場合が多いです。この時間を利用して往診を入れている診療所もありますが、実働時間が少ないわりに拘束時間が長いというデメリットもあります。最近の診療所はビジネスマンが休みである土日や祝日にあえて診療しているところも多くありますので、そのあたりは自分のニーズとよく照らし合わせてみなければいけません。また、診療科目によっては季節的に患者さんの来院数が爆発的に増え、数時間の残業がある時期がある場合があります。

また診療所は基本的に個人経営で小規模なものです。ですから、医師、看護師、事務スタッフなどの関係が上手くいっている病院では、家族のようにアットホームな雰囲気にあります。ですから、急に子供の体調が悪くなって欠勤しなければならないというような悪状況であっても、チームワークで一人一人のスタッフをフォローし合える雰囲気があり、働く女性としてはありがたいものです。しかし、逆に言えば、人間関係が上手くいっていない診療所などは、スタッフの人数も限られているため、かなり精神的には辛い職場になります。

スキルアップという面においては、患者数が多く、専門性の高い大病院の看護師は常に最新の医療の知識と技術を習得していかなければいけないというプレッシャーもあるかもしれませんが確実に自分自身のキャリアになり、スキルアップになっていることは間違いありません。その点、診療所では、患者さんの容態も比較的安定していますし、急変することも少なく穏やかな時間が流れています。最新医療についても医師自身は常に知識は必要ですが、まわりの看護師は余程自分自身が日ごろから向上心をもって最新医療について勉強する意欲がないとスキルアップする機会が少ないのが実情です。

>>看護師診療所の求人サイト人気ランキングを見る<<

TOP

診療所の看護師のFAQ

条件別の診療所看護師求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 看護師<診療所>求人ランキング All Rights Reserved.