看護師<診療所>求人ランキング

TOP >> 診療所の看護師のFAQ >> 診療所の看護師の休みは?

診療所の看護師の休みは?

病棟勤務の看護師などは、勤務帯が日勤、准夜勤、深夜勤の三交代制でかなり不規則です。ですから、家庭や子供の世話がある人にとってはかなり過酷な労働条件ですので、そのことが原因で病棟勤務などを辞めて、診療所勤務を希望する看護師が多いのが現状です。

診療所の勤務形態は様々ですが、基本的に診療所自体が週に2日ほどお休みがありますし、夜勤などの不規則な勤務ではありませんので、病棟勤務よりは身体的に楽に感じることでしょう。定休日で休みをとる形ですので自分の生活の管理がしやすいです。自分のプライベートに何か趣味を持ちたいであるとか、規則的な家族や子供の都合に合わせた生活をしたいと思っている人にとって、診療所はよい職場といえます。

しかし、診療所では抱える看護師の人数が少ないので急に自分や子供の体調が悪くなって休むということになると、他の看護師にダイレクトに負担がかかりますので、あまり安易に休みが取れるというような考えは誤りかもしれません。一人の穴が開くと、休んでいる誰かが急遽仕事に出てこなくてはならないというようなことが起こります。大きな病院であれば看護師の人数にもゆとりがありますが、看護師の人数の少ない診療所では、一人ひとりの役割が重要になってくるのです。皆がそれぞれを補って協力してやっていかなければいけません。診療所ではチームワークがより大切になってきます。

また、今まで病棟の不規則勤務をしてきた人でも、診療所の規則正しい連続勤務は意外に大変だと感じる人も居ます。祝日などで診療所が数日の連休を取る場合以外、基本的に連休はないという診療所もあります。5日連続の勤務に対して疲労を感じる人も居ます。ですから、自分の要求とその診療所の勤務形態が合致しているのかはよく確認する必要があります。

診療所はアットホームなイメージですが、個人経営の会社と同じように、業務の守備範囲はかなり広範囲になります。電話対応、会計、掃除、備品管理、検査の発注、宅配の対応、など、看護以外の仕事でも多岐に渡って切り盛りする可能性もあります。また、病棟勤務などでは、患者さんの容態が不安定だったり、急変したりと看護師の側からも精神的に緊迫した場面に出くわすことが多くあるので、比較的安定している患者さん相手の診療所の方が、同じ勤務時間働いたとしても精神的な疲労度は軽くなる場合が多いです。ですから、給料の面においても同じ時間働いたとしても、病院勤務の看護師の方が給料が高い傾向にあります。

規則的に休みの取れる診療所と不規則な病院勤務。自分の希望する生活にあった勤務形態はどちらであるのかよく考慮することが大切です。

>>看護師診療所の求人サイト人気ランキングを見る<<

TOP

診療所の看護師のFAQ

条件別の診療所看護師求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 看護師<診療所>求人ランキング All Rights Reserved.