看護師<診療所>求人ランキング

TOP >> 診療所の看護師のFAQ >> ブランク明けの診療所の看護師求人は?

ブランク明けの診療所の看護師求人は?

家事や子育てに追われて長年仕事をしていなかった人が再び社会で働くということは、とても勇気がいるものです。特に、医療行為の補助を仕事とする看護師が長いブランクを経て仕事復帰するにあたっては、自分自身で多くの不安があることでしょう。ブランクを経て再就職するに当たって診療所を選択する看護師の多くは、まだまだ全面的に子供の世話から開放されているわけではないという場合や、前職を退職するまでの自分のスキルがブランクを経た現在の医療現場で通用するのかということに不安があるのではないでしょうか。

確かに診療所の勤務はパート勤務の形態も取れますし、まだまだ家事や育児に時間を割かなければいけない人にとっては働きやすい環境かもしれません。特に午前の診療だけであるとか週に2〜3日ほどの時間の拘束で働けるのも診療所勤務の魅力です、しかし、診療所は基本的に抱える看護師の人数も少ないのが現状です。突然の体調不良による欠勤などがある場合は限られた人数の看護師でその穴埋めをしなければならず、その負担は当然自分にもかかってきます。

また基本的に診療所は午前診療と午後診療にわかれて診療時間が設定されている場合が多いです。間には2〜3時間の休憩時間を挟みますので拘束時間は長いわりに実働時間が短いというにもなるかもしれません。最近の診療所は患者獲得の目的から土日や祝日に診察したり、遅くまで診察時間を延ばしたりしている病院も珍しくありません。

診療科目によっては、ある季節に一時的に患者数が多くなったりすることがありますが、受付時間以内に来院した人は全員その日のうちに診察しますので、必然的に看護師の業務終了が遅くなり残業をすることになりかねません。ですから、診療所で常勤として働く場合は、その診療所の実際の仕事内容をよく確認することが大切です。

長年のブランクがあると、以前自分が経験してきた医療とのギャップに不安が生まれます。いろいろな新しい薬の名前や器具の取り扱いの違いも大きなハードルでしょう。診療所に復帰してくる場合は経験の度合いにも寄りますが、患者さんの病状も安定している場合が多いのでそれほど不安に感じなくても大丈夫です。しかし、長期のブランクになればなるほど注射や点滴などに苦痛を感じる人が多いのが現状です。まわりの看護師などに助けてもらいながら数をこなして勘を取り戻しましょう。

>>看護師診療所の求人サイト人気ランキングを見る<<

TOP

診療所の看護師のFAQ

条件別の診療所看護師求人


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 看護師<診療所>求人ランキング All Rights Reserved.